嫌いを拾うってどういうこと? ③

個人がやっていることは何もない。

起こることはすでに決まっているというというメッセージに、私自身すごく救われたんですね。

どばーっと力が抜けました。

なんだ、私が失敗しないようにコントロールする必要なんてないんだって。

 

そうはいっても、夢は続いていきます。

その夢の中で、例えば私が夫のことを、

「この人はこれも足りない、ここもいけない」

という観念を信じて一緒にいるのと、この人はこれでオールオッケーと見ているのとでは、

その夢は全く違って観られるでしょうし、当然、展開も違いますよね。

そのあたりのことを、色んな方がパラレルワールドなどとして表現されたりもしているかと。

在り方によって、なにか「心」という劇場が洗われてくる。

だけど、その気づきが入るかどうかも神の御技、神の意志ともいいますから、

これは本当に、誰にもどこにも罪などないわけです。

 

私なんかは、それはもうめんどくさがりのグズグズ人間でして、

トドの方がよっぽどスポーティやわと思うぐらいなんですが、

それでも今すごくゆるされて、なんの不満もなく暮らしてます。

完璧で立派な人になったわけではないし、やっぱりエゴ的な面が出てきたりはするけど、

ダメなまんまでも、なんか怒られなくなってきたんですよねぇ(笑)

怒られても、ダメでも、問題ないのでしょうしねぇ。

まぁ、先のことはまた、わからないですけど。

 

でも、こういうあたりは良かったんだろうなぁと思うのは、

私が生まれ育った家は、かなり荒れた家庭でしたが、悩んで恨み疲れたあとは、

この家族の元に生まれて、本当に良かったと思っていたんですね。

仲良くはできなくても、ほんとに家族と運命に感謝してました。

そのおかげで、真実が知りたいと内面を向くようになった。

そしてやっぱり、そんな感覚が、あらゆる場面で自分を救ってくれたなぁと思うのです。

 

そんな中、本格的に統合が起きてきたのは、

あまりにお金がうまく回らず、風俗に戻らざるを得なくなってからだと思います。

しかもそれは、35歳の時でした(笑)

私は風俗嬢をしていた過去を、とても罪に感じていましたので、

これは私にとって大きな、嫌いを拾うことでした。

それで開き直って、その世界を思い切り楽しみ、私なりに発揮できる限りの愛をそこに注いだら、

驚くべきことがたくさんあったんですね。

これは、このような道を勧めたいわけではないのですが、

そのとき、責めていたのは私だけで、本来すべてが完全にゆるされているという体験が色々とあり、

何度も何度も泣いて、感謝が湧きました。

すべてが実によくできている。

でもどんな極端な体験の中にも、自他を心底満たすものも、根底から汚すものもなかったですよね。

 

夫と結婚するときも、怖いこと、避けたいことまみれでした。

申し分のないパートナーに恵まれてからも、

「嫌われてしまうんじゃないか」といった緊張感はあって、自己探求をしてたんですね。

夫との信頼関係は、一瞥体験や神秘体験のせいではなく、もっと普通のこと、

「嫌われてもいいわ!」と思って、

胸を開いて自分と、そして相手と正直に向き合うことだったり、

お互いを自分好みに変えようとしないことで、結局はどんどん安心感が現れ、

奥深く触れ合うようになっていった感じです。

それでも相手のある関係は、やはり儚く一時的なものでもあります。

いつ何があって、体としての彼とは会えなくなるかもしれません。

誰かを愛すれば、やがて訪れる別れに苦しむ。

だから彼と過ごす時間は不幸なのかといったら、それもまたそうでもありません。

すべてに決まった意味はないとはいえ、誰かや何かとの関係の中でハートが開くこと、

相手を鏡として、自分の思い込みに気づく機会や愛の表現の場をもらっていることは、

私にとっては人間関係の貴重な意味です。

 

それから一時期、願ったことがすぐ叶い続ける時期があったんですね。

でも、そのときどう思ったかといったら、それがどうした、と(笑)

ずっと前に聞いた、魂は天国に飽きて地球に来るなんていう話を思い出して、

なんとなくわかる気がしました。

なんでもしていいとなると、返って興味を失うことも多くて、

自分ってどれだけ自分のことを知らないんだろう!って、

逆にいろんなことを止めました。

今まで空っぽの無価値になるのが恐くて、

あれもやりたい、これもやりたいと隙間を埋めようとしてたんだなぁと。

 

その後、介護福祉士でもある私のところに、友達から、

「介護の仕事したいんやけど、どうしたらいい?」と連絡があって、

「しんどいから止めといたら」と言いそうになった自分に気づいて、

私はこれ、まだここに抵抗があるんだな〜と思って、次の日、自分が介護施設に面接に行ったんですね(笑)

すぐ採用になったんですが、その次の日、母が脳出血で倒れて介護が必要だということになり、

じゃあ、仕事に出るのは止めて母のことに専念しようと。

幸い、夫がすぐに状況を受け入れて同居してくれることになり、

私はひとりで母の家に泊まり込んで、非二元のyoutubeとか聴きながら(笑)、

淡々と母の荷物を整理したりしていました。

それはそれで、なんだかすごくいい時間だったんですよ。

やることをやって、心配せず、手放しで色んな助けにお任せしてたら、

あれよあれよと事が整っていく。

気づくと、いろんなところからお金が入ってきたり、

表面的にはストーリーはあるのですが、家から見たこともないようなお金が出てきたりして、

結局、仕事に出るより収入が増えてね。

不思議〜、という感じではありましたが、欲しいものもあんまりないし、

何だか「ある」ことと「ない」ことが同じように見えました。

「仕事」や「お金」に対する意味づけ、目的が自分の中ですでに変わっていて、

その課題は終わりだよとでも言われている気がしました。

 

私が子供の頃から、母はずっと病や様々な面で苦しんでいたのですが、

そのおかげで体験させてもらったこともたくさんあって、

介護職をしていたおかげで、恐怖心なく親の介護に携われたり、

ハプニングをある意味楽しみながら、一緒に病を受け入れていく中で、

母と今、親や子供という概念を超えて接することができるというのは、

本当に思い残すことがないというか、幸せなことだと思っています。

何が幸か不幸かわからない。

豪華な海外旅行も、親の介護も、まったく同じ感動的な体験だと思います。

これは、今生で私が観たかったテーマなのだと、どこかでありありと感じるわけです。

 

目の前で起きていることは、決め付けを捨てたら、

思っている以上に幸せなことだったりするんですよね。

 

「自分が創造主だ」という言葉を聞いて、

じゃあ悪い現実を避けて、もっと善い現実を創ろうと力んでしまいがちかもしれませんが、

その善い悪いが、エゴにはわからないんですよね。

 

だから何かこれは、創造への執着の終わり、とも言えるかもしれない。

 

起きてきたことを、「◯」にしてしまう。

全部に◯を付けていく。

 

そしたら自然と、平和が、十分さが現れてくる。

小さな自分が想像していた風景ではないかもしれないけど。

 

そうして、もう自分を責めるのは止めて、人生を楽しんだっていいんですよね。

 

ここに書いた全部は、ただの記憶、起きてもないことです。

 

ああでも、なんかこれを書くのは怖かったんです!

書いてしまったけど、きっと問題ないでしょう(笑)

長々とお読みくださって、本当にどうもありがとうございます ^ ^

 

 

この投稿へのコメント

  1. 隣(りん)ちゃん said on 2017年8月19日 at 11:14 AM

    実は文学部出身なんですけど、感情と向き合っているうちに、小説家ってすごいなあって思いました。
    例えば夏目漱石の「こころ」
    親友と恋人を取り合うとか、抜け駆けするとか、親友が自殺して罪悪感で苦しみ続けるとか、人として感じたくない感情を描いているし、人間のもつグロテスクを描いた江戸川乱歩とか、見たくない感情を感じる機会を提供してくれてますよね。

    • りんご said on 2017年8月19日 at 2:22 PM

      隣ちゃん、文学部なんですか〜。
      結局なにが怖いって、ネガティブな感情を感じるのが怖いですよね。
      私などガラスのハートですので、重〜い小説とか、昔読んでみましたけど、想念に取り憑かれるっていうか・・・(笑)
      触れたものが縁となって心の印象に残りますからねぇ。
      耐えきれなくって、途中からあえて手にしなくなりました。
      作家さんで自殺される方が多いのも納得ですよね。
      小説って、もつれた感情を描いているものが多いから、考えと感情の関係を理解する、いいサンプルでもありますよねぇ。

  2. 隣(りん)ちゃん said on 2017年8月17日 at 10:48 PM

    りんごちゃん、お久しぶりです。
    隣(りん)と申します。憶えてないかも?
    そう言えば、初めて会った地球ひろしさん達のイベントで隣の席でしたね。
    今日YouTubeでりんごさんの画像がはいってきて(まだ見てませんm(_ _)m)このブログにたどり着きました。
    私は最近は、自分の感情と向き合ってまして。現実を鏡として
    悲しみ、恐怖と言った大きな感情の後に、
    出てきましたよ「面倒くさい」が。
    そして、今日仕事に行くのがものすごい嫌だったのですが、面白いことに「仕事行きたくない」の感情を長らく社会人として、押さえ込んでいた事に気づき、
    「そうだよね!仕事行くの嫌だよね。もっとドラクエやってたいよね。」とその感情と意気投合してしまいました。
    そうすると、通勤途中が楽しくなり、まるで久しぶりの友達と一緒みたいになって、まあまあ仕事はかどりました。
    「仕事行くの嫌」を認めると、仕事そんなに嫌じゃなくなったという不思議な体験でした。気づいたことで、気づいてもらう自己主張しなくなったのかな。

    • りんご said on 2017年8月19日 at 12:05 AM

      隣ちゃん、お久しぶりです ^ ^
      もちろん、憶えてますよ〜。
      お隣だった隣ちゃん。
      へぇ〜、おもしろいです。
      何かが嫌とか、めんどくさいとか、負の感情は感じてはいけない、考えてはいけないって、それ自体否定しがちですもんね。
      そりゃドラクエやってたいですよね(笑)
      私もいろいろ湧いてきます。
      誰かに分かってもらいたいんじゃなくて、自分が「そういう思いや感情があってもいい」って認めれば成仏しちゃう。
      ほんと不思議ですよね。
      だからもう全部の機会が、めちゃめちゃスピリチュアルですよね。

  3. 中村ますみ said on 2017年8月12日 at 11:46 AM

    りんごちゃん^^♡

    こんにちわ♪
    そろそろまたまたリンゴちゃんのブログが楽しみな今日この頃です^^
    他人に覚える怒りって・・・まわりまわって
    やっぱり罪悪感なのでしょうかね~~~。
    腹が立つということは
    その事柄に対して
    まだ許しきれていない自分を諭したり責めたりコントロールしたくなってしまうのかなぁ・・・
    ざっくりとした質問になってますね。
    いつもありがとうございます^^♡

    • りんご said on 2017年8月13日 at 1:13 PM

      ますみさん、こんにちは ^ ^
      ブログの更新、止まってますね〜!
      こちらこそ、いつもありがとうございます。

      怒り・・・は、ただシンプルに怒りなんじゃないですかねぇ?
      原因を探さなくてもいい気がします。
      湧くものは湧きますからねぇ。
      誰かや事柄は関係なく、ただ、怒りそのものが発散されたがっているのかもしれません。
      でも、怒るっていうことは、何かがいけないと思っていますよね。
      「怒ること」そのものを罪だと感じて、罪悪感を感じる人も多い気がします。
      他人に怒りを感じること自体をゆるしていくのも、ひとつの在り方かもしれませんね〜 ^ ^

  4. ぼんちゃん said on 2017年8月6日 at 4:56 PM

    りんごちゃん こんにちわ
    「嫌われてもいい」というのが ちょっと ミソですかね。
    私は 人とうまくやろうとか 仲良くしようとか 思ってしまいつい 緊張しながら 気がつくと 早くその場から逃げ出したくなっています。
    嫌いを拾うって 嫌われてもいい ってことですかね。私も 嫌われてもいい って 思って 受け入れられようとかを捨てていけたらいいなぁと思ってます。

    • りんご said on 2017年8月7日 at 2:18 PM

      ぼんちゃん、こんにちは。
      「嫌われてもいい」は、ミソですよね〜 ^ ^
      嫌われても、意外とどうもないですからねぇ。
      緊張と執着って似てますよね。
      嫌いを拾うっていうのは、別に無理にしようとしなくてもいいんですけど、
      心の習慣に反するようなことなんですね。
      心は、体にまつわる好きを追いかけて、嫌いを避けたがりますから。
      でもそれはどっちも、夢だよっていうことです。
      どちらかというと「嫌い」っていう考えを信じている対象が多いと、ストレスが多いかなぁと思いますので。
      それを疑ってみると、あんまり気にならなくなって、
      単なる思い込みにビビってたんだ〜!と私はよく目からウロコが落ちたんですよ。

  5. いつもある精神統一 said on 2017年8月3日 at 7:50 AM

    嫌いを拾うというテーマはとてもすてきですね
    わたくしも同様にかんじています
    なので
    ハート(いつもある精神統一)を感じとることができる映画の解説もかいておきますね^^

    ‘わたし’じたい

    つまり
    周囲とは異なるという誤解じたい

    想像なわけです

    この段階になると

    正しいこころを選択しようとしている
    ‘こころ’

    じたいが

    エゴ(自我)の枠組みであったと精神のどこかでわかるようになります

    ‘こころ’すなわち

    なく

    存在(変化しない感覚:愛)がみずからであると感じとることになります

    このことを

    スピリットは

    頭ではなく

    胸でもなく

    腹でもなく

    ノーセンター(存在・統合)と説明することもできます

    つまり

    エゴは身体(投影)とむすびついているため

    愛を感じとれない状態(頭)

    ではなく

    限定的な愛の感覚
    “胸”ハートでもなく

    まだのこされた限定的な愛の感覚
    ‘腹’ハートでもなく
    (親の愛などは、個人に限定されていますが、無条件の愛にちかいです、胸よりもさらに深いところからくるように感じられます。兄弟や幼さなじみといるときもこちらの感覚かもしれません。恋の愛もほんらいこちらから強くわいてくるものです)

    身体(脳を含む)からの解脱

    自由

    です

    解脱といっても
    手放す
    ではなく
    癒す(存在に統合してきえる・とけさる)
    といってよいでしょう

    もし?は
    つまり
    すべては神(存在・エネルギー)に帰還するのです

    手放すというのは

    神から分離した私が、神に帰還するためには、なにかを手放さなくてはならない

    と信じるのであり

    これが否認・投影につながるのです

    聖霊(愛への帰還)は
    逆のながれで

    手放そうとしている原因(私)へもどらせ

    それ(私)は
    神から手放されてはいない

    ということを教えて

    すべて愛によって融合させます

    これが愛のやさしさであり

    あたたかさなんです

    これを感じとることができる映画が

    いつもある精神統一 ぷらす すべてパーフェクトな夢 厳選映画シリーズなんです♪
    ^^

  6. Pika said on 2017年7月29日 at 8:55 PM

    りんごちゃん、今日は本当にありがとうございました。とても楽しい会でした。
    それに、同じような本を読んでる方ばかりで。普段こんな話ができる人は回りにいないので、嬉しかったなあ。
    (結局、非二元オタクのオフ会的な、笑)
    りんごちゃんとてもかわいかった。さやかさんも、とても素敵だった。
    私は、寄付が何かに使われるとしたら、りんごちゃんやさやかさんのおしゃべり動画発信に使って欲しいです。そんなこと思っていたのだけど、うまく言えなくて。
    私にとってはとても癒しになります。

    • りんご said on 2017年7月30日 at 10:43 PM

      Pikaさん、こちらこそ昨日はありがとうございました。
      Pikaさんのシェアも歌も!とても心に響きました。
      まさにオタクのオフ会みたいでしたね〜(笑)
      私もいろんな方のお話が聞けて、とても嬉しかったです。
      リクエスト、ありがとうございます ^ ^

    • ゆっこ said on 2017年7月31日 at 10:43 PM

      おとといの りんごちゃんとさやかさんのお話し会、素敵な ひとときでした。本当にありがとうございます~私も、pikaさんと一緒で、りんごちゃんとさやかさんのおしゃべり動画発信に寄付金が、使われたら、とても嬉しいです。
      お家に帰ってから、pikaさんが、最後に歌われた星野源さんの歌をゆうちゅーぶで、聴いてました。素敵な歌ですね~
      りんごちゃんが、あんまりにも かわいくて、ばれないように、こっそりと 何度もチラ見していました。(笑)もしかしたら、ばれてたかも(笑)

      参加出来たこと、感謝しています。ありがとうございます

    • りんご said on 2017年7月31日 at 11:52 PM

      ゆっこさん、お話会、参加してくださってありがとうございました 。
      ああ、そうですか!おしゃべり動画 ^ ^;
      Pikaさんが歌われた歌、まさにドストライクで、すっごくよかったですよね。
      チラ見(笑)、まったく気づいておりませんでした〜。
      こちらこそ、ご縁を感じてくださって、参加してくださって感謝です!

  7. いつもある精神統一 said on 2017年7月29日 at 6:59 AM

    おはようございます
    コメント返信
    感謝です
    レンタル店などで借りれるものばかりですので、よかったら※順番に観てみてくださいね

    いつもある精神統一だけでなく、この世界(夢)もすべてパーフェクトな夢であることに気づけるようになる
    映画紹介シリーズ(厳選版) です

    アナとオットー

    トロン・ レガシー

    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

    砂時計

    冷静と情熱のあいだ

    そのときは彼によろしく

    最終兵器彼女 (アニメーションではない、※特撮の日本映画のほうです)

    雲のむこう、約束の場所
    (アニメーション映画 新海誠 監督)

  8. みかりんこ said on 2017年7月28日 at 10:56 PM

    りんごちゃん。
    正直な心の文章を書いてくださって、どうもありがとう。
    しっかりと伝わっています。
    明日の喜んで損をしようの会、とっても楽しみにしています☺。

    • りんご said on 2017年7月29日 at 1:33 AM

      みかりんこさん、こちらこそ、お読みいただいて、
      温かいコメントくださり、ありがとうございます。
      明日、お会いできるの楽しみにしています!

  9. いつもある精神統一 said on 2017年7月28日 at 10:46 PM

    こんばんわ。

    勇気をだして分かち合っていただき
    ありがとうございます

    動画や日記を読ませていただきました

    わたくしとフィーリング(すべてはパーフェクトであること)
    がにているようなですので

    わたくしの作ったコミュニティ

    いつもある精神統一・愛コミュニティ
    (インターネット公開mixiコミュニティ)

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=6307477
    スピリチュアル映画のコミュニティですが
    ご紹介いたします

    ありがとうございました。

    • りんご said on 2017年7月29日 at 1:32 AM

      いつもある精神統一さん、こんばんは。
      こちらこそ、色々とご覧いただき、ありがとうございます。
      すべてはパーフェクト、ほんとそうですね。
      コミュニティご紹介いただき、ありがとうございます!

  10. おうじん said on 2017年7月28日 at 10:12 PM

    こんばんは。
    ハリウッド映画ばりの三部作ありがとうございました。

    個人がやっていることは何もない
    起こることはすでに決まっている。
    めちゃくちゃ楽になるメッセージですよね。

    内に向かうきっかけを与えてくれた人、出来事に本当に、本当に感謝です。

    あの地味な「これでいい」を続けております。続けていくうちに何秒間ですが、至福が訪れる感覚があります。
    今後も応援しています。

    • りんご said on 2017年7月29日 at 1:29 AM

      おうじんさん、こんばんは。

      三部作、大作でした(笑)
      おつきあいいただき、感謝です。
      行為者などいなかったというメッセージは、ほんとに肩の荷を降ろしてくれますよね。

      内に向かうきっかけは、大抵嫌なことだと思うんですが・・・、
      受け入れてみると実はそうじゃないですよね。
      すごく解放してくれますよね。

      「これでいい」そうですか〜。
      それを伺って、私も至福です ^ ^
      応援していただいて、ありがとうございます!

  11. 東京日和 said on 2017年7月28日 at 9:25 PM

    りんごちゃん、こんばんは。
    明日東京の「損する会」に参加するし、会ってお話も出来るのでコメントする
    つもりなかったんですけど、何かとっても芯の部分に響いてお伝えしたくなりました。

    このブログを読んでると以前読んだ「神はあなたの最もひそやかな願いに応えたもう」
    という言葉が浮かんできました。
    自分でも気づかないまま、実は本当に願っていたことに応えてもらってたってわかる時がくる。
    それまでは、恨みつらみや文句ばっかりだったとしても(笑)
    そう思うと、これまでの全てにそして今の全てに感謝しかないですね。

    りんごちゃんはこのブログで又ひとつ嫌いを拾ってへびをロープと見破ったのかな(笑)
    凄いなって思います、私には出来ないなって思うけど私にピッタリの人生をもう貰っているので
    有難くいただいて本当にどんなことも楽しんでいきたいですね♪

    • りんご said on 2017年7月29日 at 1:23 AM

      東京日和さん、こんばんは。
      芯に響いてくださって、ありがたいです。

      そう、ほんとに!常に願いが叶ってるんですよね。
      叶えようとか、もう忘れたら、
      願いを聞いてもらおうというより、ここの声を聞こうとしたら、
      勝手に願った以上に与えられてしまう気がします。

      私の着ぐるみ脱衣に、おつきあいいただいてありがとうございます(笑)
      本当に誰とも比べる必要がない、その人にぴったりのことが起こってると思います〜 ^ ^

  12. ビンセント said on 2017年7月28日 at 3:40 PM

    りんごさん、はじめまして。

    動画やブログなど興味深く拝見させてもらってます。

    風俗嬢の経験があるとのことですが、どのような風俗なのですか?

    失礼な質問かとも思いましたが、知りたいという気持ちが抑えられないので
    聞いてしまいました。

    • りんご said on 2017年7月28日 at 3:54 PM

      ビンセントさん、はじめまして。
      ご覧いただいてありがとうございます。
      あはは、気になるかもしれませんねぇ。
      まぁそれは、ご想像にお任せします〜 ^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です