思し召すままに

思し召すままに

思し召すままに

思し召すままに

思し召すままに

世界を見ているのは、誰か。体のことを「私」だと言っているのは、誰か。
彼のほうをよく見たら、彼は消える。
そして隠れたことのない平和が、微笑みながら姿を現す。
「おかえり、怖かった?」と。

About

りんごちゃん

複雑な環境に生まれ、22歳の時、家庭の事情から風俗嬢になる。「病身の母を、ひとりで助けなければいけない」というプレッシャーと絶望のどん底でインスピレーションを受け、真理の探求が始まる。その後、介護士、Webデザイナー、工場勤務など、様々な職業を体験しながら仏教や心理学を生活の中で実践していくうち、度々の啓示に導かれ今に至る。現在は仏様のようなパートナーと、大親友の母親と一緒に幸せに暮らしている。